慶安元年(1648)に代官・鈴木重成公によって創建された禅(曹洞宗)の名刹。山号を松栄山といい、「天草四ヶ本寺」の筆頭。開山は中華珪法。境内には十五世・天中和尚と瀬戸の磁祖・加藤民吉翁との記念碑があり、天草と三河との深いえにしをしのばせています。





天草島原の乱後の天草を復興し、わが身を犠牲にして島民を救った初代代官・鈴木重成公、その兄で禅僧の鈴木正三(しょうさん)公、二代目代官鈴木重辰(しげとき)公を祀る神社。鈴木三神に感謝し、その徳を称える活動や行事は今なお盛んで、全国から注目されています。





天草島原の乱の犠牲者を祭った「殉教戦千人塚」のある本戸城出丸跡周辺は、殉教公園と呼ばれ市民の憩いの場となっています。その頂上に建つ天草切支丹館には、国指定重要文化財の天草四郎陣中旗をはじめ貴重なキリシタン資料が展示されています。





町山口川の下流に架かる祇園橋。天草島原の乱の激戦地あとに建設された長さ29mの多脚式アーチ型石橋は、国内最大級で国指定重要文化財にも指定されています。毎年秋に行われる天草殉教祭では、灯ろうが川面に輝き幻想的な雰囲気をかもしだします。





別名「海鼠焼」として全国に名声を博し窯元には、昇り窯があり観光の名所になっています。別名「海鼠焼」として全国に名声を博し窯元には、昇り窯があり観光の名所になっています。別名「海鼠焼」として全国に名声を博し窯元には、昇り窯があり観光の名所になっています。別名「海鼠焼」として全国に名声を博し窯元には、昇り窯があり観光の名所になっています。





日々の暮しの中で息づく様なぬくもりある作風で幅広いレパートリーの作品があります。





天草四郎の幻の恋人「路香」がつくったことから始まったと伝えられています。繊細な色づかいとシャープなデザインに目を奪われます。

 
 
 
 



天草ほんど観光旅館ホテル組合
〒863-0013 熊本県天草市今釜新町3541 TEL:0969-23-5368 FAX:0969-23-5382