五足の靴  


「五足の靴」について詳しい事を知りたい人は
  『五足の靴と熊本・天草』浜名志松編著・図書刊行会
  を参照ください。「五足の靴」全文も掲載してありま
  す。



吉井勇歌碑
 天草町大江 大江天主堂
 
白秋とともに泊りし天草の
 大江の宿は伴天連の宿

            天草曽遊之詩録一首 勇老痴
 


 明治408月新詩社の与謝野鉄幹、北原白秋、吉井勇、木下杢太郎、平野万里の青年詩人たちがこの教会堂にガルニエ神父を訪ずれた。この五人の文学者の天草訪問は、のちに白秋の邪宗門となり一行の文学活動もこの旅を転機に躍進し華麗にして哀切な作品となって結晶し文学史上光彩をはなっている。
 この歌碑はその新詩社同人の天草訪問を記念するために建設したものである。
 昭和27年5月27日















北原白秋 天草雅歌 本渡切支丹館

 明治408月「新詩社」主宰の与謝野鉄幹を中心に青年詩人北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里の五人は切支丹遺跡を探訪のため天草島を訪れた。そして白秋は明治42年に明治文学史上不朽の詩集「邪宗門」を刊行した。「邪宗門」の中に収録された「天草雅歌」は浪漫と絢爛、色彩的な感覚に満ち、斬新にして妖しい香気をはなっている。白秋の「邪宗門」の扉を開いたのは天草の歴史的風土がその根源をなしているのである。


ただ秘めよ
       北原白秋

曰ひけるは、
あな、わが少女
天艸の蜜の少女よ。
汝が髪は烏のごとく、
汝が唇は木の實の紅に没薬の汁滴らす。
わが鳩よ、わが友よ、いざともに擁かまし。
薫濃き葡萄の酒は
玻璃の壺に盛るべく、
もたらしし麝香の臍は
汝が肌の百合に染めてむ。
よし、さあれ、汝が父に、
よし、さあれ、汝が母に、
ただ秘めよ、ただ守れ、斎き死ぬまで、
虐の罪の鞭はさもあらばあれ、
ああただ秘めよ、御くるすの愛の徴を。


《註》没薬=もつやく= アフリカのソマリ山地に産するかんらん科の低木の樹脂から
      製したもので、健胃剤その他の薬にする。

   玻璃=ギヤマン ガラス
     =いつき=心身を清めて神につかえる少女。斎女(いつきめ)の略。






五足の靴上陸地 (富岡港)

 明治
40(1907)89日、与謝野鉄幹・北原白秋・木下杢太郎・平野万里・吉井勇この5人の文学青年が天草キリシタン遺跡探訪の為長崎を経て茂木から小さい汽船で富岡港に上陸した。天草への第一歩であった。5人は富岡町を散策し富岡に1泊、翌10日徒歩で現天草町大江に到着木賃宿高砂屋に一泊した。翌11日に大江天主堂のガルニエ神父を訪ね、更に大江村から汽船に乗り牛深町へ向かい、今津屋に泊った。あくる12日牛深発午前3時際崎(三角)行の汽船に乗り天草を離れた記録は有名である。
 一行
5人の天草34日の旅これが五足の靴の旅路であった。

 苓北町教育委員会







五足の靴  = 文学遊歩道

 明治40年夏新詩社主宰の与謝野鉄幹(35)と同人の北原白秋(早大文科23)吉井勇(早大文科22)木下杢太郎(東大医科23)平野万里(東大工科23)の五人は、九州のキリシタン遺跡探訪の途につき、佐世保、平戸、長崎を経て89日長崎県茂木港から苓北町富岡に渡って一泊し、翌十日富岡から山坂の旧道を天草町大江まで歩いた。
 一行はその日大江に一泊し翌十一日大江教会堂に司祭のガルニエ神父を訪ね、牛深を経て天草を去った。その時五人が交互に書いた紀行文が「五足の靴」と題して残されている。
 その後、この旅を転機にして同人たちの文芸活動は躍進し白秋は42年に「邪宗門」を刊行し、他の四人もそれぞれ独自の境地を開いて近代文芸史上に画期的な展開を遂げるに至った。
 文芸評論家の野田宇太郎氏は、「この天草の旅が彼等の南蛮文学の夢を育てた」とその旅の意義を讃え、昭和27年5月この天草の旅を記念して天草町大江に建てられた吉井勇の歌碑の除幕式に再遊した吉井勇は「あの時の天草の旅が私の一生を決定づけた旅であった」と述懐し、


 
 ともにゆきし友みなあらず我一人
   老いてまた踏む天草の島


と往時をなつかしんだ。
 昭和53年6月  天草町教育委員会

 五足の靴文学遊歩道

 
明治40年夏、若き詩人北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里の五人大江天主堂のガルニエ神父を訪ねた。この旅行記が五足の靴」である。当時、彼らが歩いた旧道2.7kmの区間が文学遊歩道として整備されています.





与謝野鉄幹夫妻の歌碑
  天草町高浜 十三仏公園
 
 
明治40年夏、新詩社の与謝野鉄幹、北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里は富岡に泊り、わらじがけで大江教会にガルニエパマテルさんを尋ねた。
 越えて昭和7年秋、鉄幹は晶子夫人を伴い篭でこの地を訪れ、数々の名歌を残を残した。
 私たちは優れた歌人を偲ぶために、有志相計りゆかりの地にこの碑を建てることにした。

  昭和41年秋 
  天草町観光協会


   鉄幹
 

  天草の十三仏の山に見る
   海の入日とむらさきの波


   晶子
  天草の西高浜のしろき磯
   江蘇省より秋風ぞ吹く


  
《註》碑文は原文を損なわない程度に修正しています。



《付録》
   先日訪れた垂玉温泉に五足の靴の碑があったので、紹介します。

五足の靴 阿蘇郡長陽村 垂玉温泉 山口旅館

 明治40(1907)夏、若き日の北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里、与謝野鉄幹の五人が九州旅行した折、長崎-天草-熊本を経て阿蘇登山の道すがら、同年813日当館に宿泊した。
 この九州旅行の旅行記『五足の靴』は『五人づれ』の匿名で当時の東京二六新聞に連載されていたものを、昭和
24年に至り、野田宇太郎氏が、『パンの会』に収録して世に紹介された。浪漫に満ちたこの紀行文は、南蛮文学の源泉として近代文学の中で新しい文芸運動の契機となった貴重な遺産といわれている。
 『五足の靴』の中で一行の五人は当時の旅館のたたずまいを、「後に滝の音面白き山を負ひ、右に切っ立ての岡を控え、左の谷川を流し、前はからりと明るく郡山を見下し、遥かに有明の海が水平線にひかる。高く堅固な石垣の具合、黒く厳しい山門の様子、古めいた家の作り、辺の要害といひ如何見ても城郭である。天が下を震はせた昔の豪族の本陣らし
い所に、一味の優しさを加えた趣がある。これが垂玉の湯である。名もいいが、実に気に入った。」と感嘆している。
 当時の旅館の当主は3代目山口廣記であった。

 



目次へ